やおつぶ

八百津町の枝垂れ桜

八百津町伊岐津志塩口には、天然記念物(八百津町重要文化財)に指定されている枝垂れ桜があります。樹齢は推定230年。幹回りは1.45m。高さは15m。この枝垂れ桜は別名「芋植え桜」と呼ばれており、地元では昔から、この桜が咲き始めたとき=里芋を植えるタイミングとされています。

4/4(月)に訪れたときには、まだ蕾の状態でした。4/5(火)の情報では、2-3分咲き。そろそろ見ごろを迎えます。

また、この枝垂れ桜は、神明神社の敷地内にあります。実はこの神社、丸山ダムの建設に伴ってこの塩口に移転されました。移転先の地理的事情から、神社の中でも珍しい「北を向いている神社」となっています。北にそびえる木曽川の流れを見渡すように建つこの神明神社も、いちど訪れてみてはいかがでしょうか。

 

地域おこし協力隊員 馬場

PAGE TOP